マーベロンで生理をずらせる?正しい使い方で快適に過ごそう!!

 

 

マーベロンは「経口避妊薬」の一種。

 

 

いわゆる「ピル」のことですね。

 

 

毎日決まった時間に服用することで、避妊効果を得られます。

 

 

マーベロンは、しっかりと効果・安全性が確率されており日本でも認可されている経口避妊薬の一つです。

 

 

では、なぜマーベロンを服用すると避妊効果を得られるのでしょうか。

 

 

マーベロンのメカニズム

 

 

マーベロンを毎日服用すると、女性ホルモンである「エストロゲン」と「プロゲステロン」を摂取することになります。

 

 

これらのホルモンには「排卵を抑制」させる作用があり、毎月の排卵をストップさせます。

 

 

排卵が起こらなければ、当然妊娠することもありません。

 

 

つまり、マーベロン服用することで「排卵を抑制することで、避妊効果を得られる」ということになりますね。

 

 

また、マーベロンには7日間の休薬期間がありこの間に生理のような「消退出血」が起こります。

 

 

休薬期間にホルモンを摂取しないことにより、女性の体内で剥がれた子宮内膜が体外へ排出されるのです。

 

 

マーベロンには「21錠タイプ」のものと「28錠タイプ」のものがありますが、薬の成分はどちらも同様。

 

 

21錠タイプのものであれば、7日間の休薬期間はピルを一切服用しません。

 

 

対して、28錠タイプのものは休薬期間においても「プラセボ錠」を飲むことになります。

 

 

このプラセボ錠には成分が配合されておらず、あくまでも「休薬期間も服用し続けることで、飲み忘れを防ぐ」ためのもの。

 

 

ご自分のスタイルにあわせてどちらかを選んでくださいね。

 

マーベロンで生理をずらすには?

次に、マーベロンを使って生理(消退出血)をずらす方法についてご説明します。

 

 

ピルを多く飲んで生理を遅らせる方法

 

 

休薬期間に入らず、そのままピルを飲み続けます。

 

 

ピルを飲んでいる間は、消退出血が起こりません。

 

 

しかし、あまりにも長い期間ピルを飲み続けると「不正出血」が起こる可能性があるので注意しましょう。

 

 

遅らせたいのが2〜3日であればこの方法で、十分対応可能です。

 

 

休薬期間をはやめて生理を早める方法

 

 

ピルをのみはじめて14日以上たっている場合は、シートの途中で休薬期間に入り生理を早めるのも一つの手段。

 

 

服用をやめて、2〜3日がたつと消退出血が起こります。

 

 

生理をずらしたい日を計算し、休薬期間を設定しましょう。

 

 

ただし、ピルをのみはじめて14日以内に休薬期間に入ると「避妊効果が得られなくなる」ため注意が必要です。

実際にマーベロンを使ってみた体験談

マーベロンに副作用はある?

ピルには副作用があるといわれていますが、私の場合はありませんでした。
しかし、服用をはじめてから1〜2カ月の間は「吐き気」「だるさ」などの副作用が出る方もいらっしゃるようです。
個人差はありますが3カ月程度たつころには体が慣れ、副作用もでなくなります。

 

 

生理の量は変わった?

生理の量は、かなり変化しました。
私の場合は休薬期間に入った3日目から7日目までの5日間消退出血がみられます。
もともとは7日間程度だらだら出血が続いていたのですが、ピルを飲むことで出血の量が激減しました。
もちろんこちらも個人差がありますので、一つの参考になさってくださいね。

 

 

生理がこなくなることはある?

きちんと服用し、休薬期間を守っていればしっかりと消退出血が起こります。
ピル服用前は生理不順でしたが、今は決まった日に出血があるので安心です。
ただ、ピルが体にあっていないと「不正出血」が起こることもあるので、そのときは早めに医師の診察を受けてください。

 

 

 

 

以前は「本当にピルって大丈夫?」と疑問に思っていましたが、マーベロンの服用をはじめてから生理痛も軽くなり、とても快適に過ごせています。

 

 

マーベロンは「産婦人科での処方」のほか、個人輸入代行サイトなどでも購入可能です。

 

 

「生理の負担を軽くしたい」「生理をずらしたい」という方はぜひマーベロンをチェックしてみてくださいね。

 

 

 

⇒マーベロン(Marvelon)を見てみる!!